矯正治療例

子供の矯正

1.ワイヤーを用いず取り外し式の装置で、顎の成長を促す。

★初診時
(10歳3か月)
上の前歯が前に出ている。
(上顎前突症)

★矯正終了時
(14歳6か月)

★顔面比較写真
(左:初診時 右:矯正終了時)
初診時に口が閉まらず、口呼吸していたが、終了時に鼻呼吸に変化

2.最初に取り外し式の装置→永久歯がおおよそ生えそろってからワイヤーで噛み合わせを整える。

★初診時
(10歳1か月)
上の2番目の歯が、下の歯よりも内側にある(反対咬合)

★矯正治療終了時
(14歳10か月)

★顔面写真比較
(左:初診時 右:矯正終了時)

3.ワイヤーで噛み合わせを整える

★初診時(12歳3か月)
上下顎とも著しいデコボコがある(叢生)

★矯正治療終了時(14歳6か月)

★顔面写真比較(左:初診時 右:矯正終了時)

成人の矯正

歯にワイヤーと装置(マルチブラケット装置)を装着して、かみ合わせを治す。

1.成人の前歯がデコボコ(叢生) 症例

★初診時(26歳3か月)
前歯がガタガタ(叢生)

★矯正終了時(28歳7か月)

2.成人前歯が噛み合わない(開咬)症例

★初診時(29歳11か月)
前歯が噛み合わない(開咬)

★矯正治療終了時(32歳0か月)

来院症例
  • 噛んだ時、前歯が当たらない(開咬)
  • 顎・顔がゆがんでいる(顎の偏位がある)
  • 咬合異常に伴う顎関節の不調(顎関節症)
  • かみあわせが悪い
  • 歯並びの矯正
  • 骨の中に歯があり出てこない(埋伏歯) 
  • 歯のクリーニング(PMTC)
  • 歯の虫歯予防(フッ素塗布・フッ素洗口・キシリトールガム タブレット)
  • 唾液の検査
  • 上顎が前に出ている(上顎前突)
  • 下顎が前に出ている(下顎前突)
  • 上顎と下顎両方出ている(上下顎前突)
  • 顔面と舌の筋肉のトレーニング(MFT)
  • 姿勢が悪い(猫背・側ワン症等)
  • 歯に隙間がある(空隙歯列)
  • 予防充填(シーラント)
  • いつも口が開いている(口呼吸)
  • 顎が曲がっている
  • 歯並びが悪い 歯並びをよくしたい
  • 上の犬歯が外に出ている(八重歯)
  • 上の前歯が出ている
  • 反対咬合 鋏(はさみ)状咬合 交叉咬合
  • よく噛めない
  • 子供の歯並び 子供の矯正 小児歯科
  • ハーフリンガル
  • みえない矯正 裏側矯正 舌側矯正
  • 歯の数が多い(過剰歯)
  • 歯の数が少ない(先天性欠如歯、欠損歯)
  • 歯の大きさが小さい(ワイ小歯)
  • セカンドオピニオン
  • 口臭が気になる

スタッフ募集

2021.03.19

【長期】曜日・時間等、お電話にてお気軽にお問い合わせください♪

ページトップへ