矯正治療Q&A

矯正を始める時期について
永久歯の生えている成人の患者さんはいつでも治療可能です。
成長期の患者さんの場合、治療の長期化を防ぐために経過観察を行うということが、よく行われますが、成人にはない「成長・発育」という因子があります。矯正治療により「成長・発育」をうまく利用し、骨格・筋肉の成長をコントロールできる可能性があります。患者さん一人一人の症状が異なる為、歯並びや噛み合わせに心配があれば、まずはご相談ください。当院は成長が終了するまでフォローを行います。
治療期間はどのくらいですか?

患者さん一人一人の歯の動き方、治療計画によって異なりますが、永久歯列期(大人の歯が生えそろっている場合)は、ワイヤーを装着している期間(動的治療期間)が1年半から2年半くらいの間です。ワイヤーが外れた後(静的治療期間)は2年から3年のメインテナンスを行います。

通院間隔はどのくらいですか?

ワイヤーを装着している期間(動的治療期間)は、通常3週から5週に一回通院していただきます。観察期間中・ワイヤーが外れた後(静的治療期間)中は、3カ月に一回の治療間隔となります。

痛みはありますか?

矯正治療を始めると歯にそれまでにない力が加わり、歯の根の周りの組織に微小な炎症が起きます。初めて装置を装着した約3日間は、白いご飯でも食べにくく、痛みが起こることがあります。痛み止めを処方しますので、辛い場合は服用してください。痛みの感じかたも個人差がありますが、通常の矯正治療期間内では、痛みを感じることは殆どありません。

 矯正装置を装着している間、虫歯になりませんか?

矯正治療が始まる前、矯正装置を装着した時に歯磨き指導を行います。また、矯正治療中は、来院時ごとにワイヤーを外し、歯磨き指導を行い、歯科医院専用ジェルで歯のクリーニングを行います。また、治療前には唾液検査を行い、検査結果をもとに患者さんご自身の唾液の質を知っていただきます。食生活改善等、患者さんにもご協力していただき、装置が外れる時に虫歯が出来ていないように努力しています。

装置は目立ちますか?

矯正装置には、
・取り外しの行える装置
・歯の外側に装着する透明もしくは歯の色に近い装置
・歯の裏側につく舌側矯正装置
があります。各々の装置の特徴をお話しした上で、治療の前に患者さんに選択していただきます。

スタッフ募集

2021.03.19

【長期】曜日・時間等、お電話にてお気軽にお問い合わせください♪

ページトップへ